テーマ:畑仕事

縮みほうれん草の間引き

 ある程度大きくなり、込み合ってきたので間引き作業をしています。マルチ1穴に3粒播いてあるので2株間引きます。間引いた株は小さいですがとても柔らかく、おいしいです。 今年は10月の台風による大雨で発芽が悪く、全体で6割くらいしか発芽していません。自然相手の仕事なかなか大変です。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏野菜(果菜)の育苗

3月にナス、甘とう、ピーマン、トウガラシ、インゲン、エダマメ、4月にカボチャ、ウリ、マクワウリ、スイカ、トマトなどの種をまき育苗します。播種箱にすじまきにして、本葉2~3枚の頃にポットへ鉢上げをします。ポットへ直接まく方法もありますが、発芽がわるいです。 ハウスの無加温で、ナスで2ヶ月、カボチャやウリだと40日くらいかけて育苗します。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春・初夏野菜の種まき

春どりのミニ白菜を播きました。ほかにレタス、グリーンボールキャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、ニンジン、ダイコン、カブを播いてあります。特に春から虫の発生が多くなるので葉物の栽培は大変になります。 育苗土は夏に、山の赤土、田んぼの土、ピートモス、籾殻、麦わら、田んぼで取った雑草に牛糞堆肥、鶏糞堆肥、菜種油粕、米ぬか、卵殻石灰をサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形赤根ホウレン草 種まき

山形県の在来種の日本ホウレン草で、赤くなった根はとても甘くメロンと同じ糖度を持つそうです。山形より暖かい千葉でうまく生育するかわかりませんが、私が食べたいの種を播いて見ました。 今回は泥の跳ね返りによる病気予防と生育安定のため3615マルチを使ってみました。1穴2~3粒播き。 3615の数字の意味ですが、   3=マルチ幅が1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小麦の刈り取り

今回はじめて小麦(農林61号)を栽培しました。昨年の11月に種子を播いもので、6月11日天気が良かったのでバインダーで刈り取る。この小麦をどうやって食べるか考えています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坊主不知ネギ 「土寄せ」

3月26日に5月下旬の収穫に向けて、一回目の土寄せを行う。秋、畝間に播いたエン麦は草刈り機で地上部を刈り取り、有機物として土壌に還元する。  ネギとえん麦の間作での欠点はエン麦の根が管理機のロターリーに引っかかり、うまく土が上がらなかったこと。今度は種を播く場所を真中にしないで、端にすれば解決するかな。 4月20日2回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャガイモの植え付け

2月20日 ジャガイモの植え付けをしました。男爵20kg、アンデス赤10kg、ベニアカリとインカのめざめ、ひとみを少量。株間30cm、条間は3月中旬にヘアリーベッチを間に播くので80cmとやや広めにしました。肥料は菜種油粕と鶏糞を控えめに施し、多肥による病気を予防。今後、生育状況を見て追肥の判断をします。  アンデス赤は春と秋に2作が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春・初夏野菜の育苗

無加温のハウス内でレタス類、ブロッコリー、キャベツ、サラダ春菊、エンダイブ、ミニ白菜などをペーパーポットや空中ポットトレーに播いて育苗しています。今年は寒いので生育速度が遅いですが、じっくり育っています。この時期はアブラムシなどの害虫がいないので安心して育苗が出来ます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草取り

冬、春野菜の種まきがおおよそ終わりゆっくりしたいところですが、今草取りに追われています。10月に播いた縮みホウレン草のなかにハコベとホトケノザがすごい勢いで生えています。1畝の草を取るのに、1時間弱かかります。全部で9畝あり、残り後3畝です。縮みホウレン草が終わったら、今度は日本ホウレン草の草を取らないといけません。このほか小松菜、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秋・冬野菜の栽培

9月になりキャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、レタスの苗を定植している。無農薬で栽培するには防虫ネットで被覆するのが効果的なので、手間ではあるが実行している。このほかに聖護院大根、三浦大根、カブも同様に被覆している。なにもないと、必ずと言ってもよいほどシンクイムシにやられてしまう。ただ問題点として防虫ネットがあると中耕・除草がとてもや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋・冬野菜の育苗

秋・冬野菜の育苗を行っている。カリフラワー、ハクサイ、レタスは移植に対して弱いのでペーパーポットやセルトレーに播いて育苗している。自家製育苗土はうまく行き、肥切れすることなく順調に育っている。キャベツ、ブロッコリーは移植に強い(発根力がある)ので畑に播き防虫ネットで覆って育苗している。防虫ネットで外から来るシンクイムシなどは防げたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なべちゃん葱 植え付け

なべちゃん葱(トキタ種苗)は下仁田葱と一本葱のF1品種。以前下仁田葱を栽培していたが、千葉県では暖かすぎてよいものができない。そこでこのなべちゃん葱を栽培してみた。写真は苗で、作年12/25に播種して春先までトンネルしておいた。風による倒伏防止と植え付け後の負担を軽減するため草払い機で葉先をカットした。 深さ10cmくらいの溝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育苗土つくり

秋冬野菜の種まきに向けて育苗土を作った。いろいろな本を参考に自分なりに計算して材料の配合をしてみた。材料:赤土100L、牛糞堆肥20L、ピートモス25L、鶏糞2kg、菜種油粕3kg、カキがら石灰1kg、竹炭1kg、水30Lをかき混ぜてねかせておき、使うまで何回か切りかえして最後は肥料分(EC値)やPHを確認して使用する。今まで育苗土を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白ナス(在来種)の定植

今日は天気がよく、風がなかったので白ナスの定植をした。このナスは契約栽培用で、某インターネット販売では「とろナス」という名で売られている。その名の通りとろっとしてやわらかくおいしい。  黒マルチを張り条間2m、株間80cmで定植し、通路にはカボチャと同じ様にマルチ麦も同時に播種した。この麦で乾燥防止、雑草抑制、天敵の棲家そして最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more