緑肥の活用 ジャガイモとヘアリーベッチ混作栽培

画像

6/10よりジャガイモを収穫。ヘアリーベッチにジャガイモが覆われてしまい、ジャガイモの光合成が阻害されたため収量が減った。今後の改善点としてヘアリーベッチの播種量を減らす、1条おきに播種して覆われないようにする。
 混作栽培の効果としてヘアリーベッチによって雑草が抑制され、手取り除草が1回で済んだ。有機物の補給が野菜栽培と同時に出来る。(時間と空間の有効利用)生物層が豊かになり天敵などの生きものが棲みつく可能性が高くなる。以上のことから有効な栽培技術だと思う。

この記事へのコメント

つっぴー
2011年06月21日 08:42
ヘアリーベッチ、かなり有効そうですね。ジャガイモの収量はどの程度落ちたのでしょうか?

この記事へのトラックバック